スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリルをする時の注意点!

2010-09-09

以前に買ってあった2~3歳用の市販ドリルを見つけて、
『ぬりぬり したい~』とモモ。

2010 09 05 長嶋プール tibi01

シールが好きだったので、シールのページだけ全部して、
のりで貼るところだけ残っていたんです。
最近は色々なブログや本を読んで、ドリルやプリントをするよりも、
工作がいいなぁ~と思っていたので、
全然使っていなかったんですね。

で、久々にドリルをしてみました。
その日はパパがお休みだったので、まずはパパと一緒に。
そしたら~

『ここ 塗って』
『そこちゃう』
『これは どこにはる?』
『次は こっち』
などなど、指示と誘導の声かけが…(>_<)

でも、コレ結構おちいりやすい親の行動だと思うんです。

特に幼児期にドリルに取り組む時の注意点を私なりに考えてみました。
①きちんと仕上げようと思わない
②完成させようと思わない
③子どものペースで行う
④ドリルは順番通りに行わない

かな、と思っています。

で一番大事なのは、言語での指示はできるだけ少なく
ゆっくり手本を見せること

極端にいえば…
ノリを触るだけでも、オッケー
半年ぐらい前は、ノリを触るのを嫌がっていたので、のりは私が塗って貼るのがモモの役の時もありました。
絵柄を全く無視で貼るだけでもオッケー
一枚だけ貼っておしまいでもオッケーなんです。
子どもはそれぞれに今、楽しんでいることがあります。

今、何を学習しているのかは子どものペースでいいんです。

ドリルというと、正確にきちんと仕上げることに目が行きます。
なので、ついつい大人は指示が多くなっちゃうんですね。
これでは、親の指示通りこなすことだけが目的になってしまう。

作品を仕上げようと思うと、
『つぎこれして』などの誘導もしてしまう。
その時子どもは、今貼った物を見てきちんと貼れたのか確認してる時かもしれないのに。

だから子どものペースで進める。
ゆっくり待つのが特に重要だと思うんです。

ドリルも全部仕上げようと思わずに、子どもがしたいのだけするのもいいし、
親が子どもが好きそうなもの、取り組みやすいものだけを抜粋して行ってもいいと思います。

と、色々考えていたので、ついパパに
『指示が多いよ モモの好きにさせていいよ』と言うと
『うるさいな』と言われました。
パパにも指示してはいけなかったですね~笑

で、途中でパパと交代
パン屋さんの絵にパンを貼っていくプリントでした。
『パン屋さんにパンペッタンしよっか~』と言って取りくみ
後は
『ママもしていい?』
ゆっくりノリを塗って、貼る手本を見せるだけ。

よく見てますね~2歳児は。
同じようにパンの裏に塗りぬりして、私が並べたパンの横にペッタン!
『もういっかい!』と後はズンズンひとりで取り組みました。
でも、マイペースなモモなので、
ノリをつけたら、タオルで一回指をふいて、机にもついたらそれもふいて、
今、してること忘れてるかな~?と思ったらやっとパンを貼って、
そして次に進む。

その様子を見て
『そんなにゆっくり待たれへんわ!』とパパは言ってました。

その後、男の子と女の子の絵に長靴を貼りつけるプリントをパパとやってました。
『ショウちゃんとモモみたい~』
『モモは赤いくつ~』と言いながら取り組んでいてなかなかいい感じだなぁと思っていたら
急にパパが
『長靴の向きが反対やねんけど、どう言ったらいいの?』と。
私の返事は
『反対でいいやん』

そうなんです。
正確に完成させることが目的ではないので。
そのままでいいんです。

女の子には赤い靴
男のには青い靴を選んで足の上に貼れたのがすごい!!!
色分けや色の名前もわかるようになってきたんですよね。

以前は靴でも、頭に貼っていたし、
足に貼れても、色バラバラで出来あがりだったし。
でも、そんなことは親が指示しなくても、自然とできるようになってくるものです。

幼児期には、間違いを指摘してやり直しをさせる必要はないと思います。
やりたいことをいっぱいやって、できなかったことはそのまま置いておく。

私のバイブルでもあります『こどもへのまなざし』では、
子ども時代には苦手なことを克服する喜びよりも、
得意な事に熱中する楽しみを十分に味わうことが大切だと書かれてました。

幼児教育も市販のドリルもそのものに問題があるのではなく、やはりどう使うか…がとても大事だなと思いました。

パパの今後の活躍にポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

ドリル!

ご無沙汰してます~
お休み明けに過去記事をまとめて読ませていただきました♪
お姉ちゃんの左利きを、右利きに誘導したことを思い出し、
ドキっとしながら、フンフン、ウンウン、と納得しながら読み進めていました。
ikkoさんの記事は、私が日ごろなんとなく思っていること、疑問に思っていたことをうまくまとめてくださっていて、読むとスッキリできて有難いです。

さてさて、ドリル類。ミミ用のものはまだ買っていませんが、かわいい絵のものが多いのもあって、ミミも大好きです♪
お姉ちゃん用のドリルをこっそり出してきてウリウリ描いたり、貼ったりしています。
私もドリルの使い方はikkoさん方式なんで、対象年齢関係なくミミが自由に遊ぶ道具、としてお姉ちゃん用のものでも遊んでいます。(というか、むしろお姉ちゃんと同じが嬉しいみたいw)

子どもはちゃーんと自分の発達課題にあった楽しみ方を知ってるんですよね~。

No title

☆ままこさん
こんにちわ~
お久しぶりです。
さっそくコメントありがとうございます。

参考になってもらえたらうれしいです。
ドリルって、結構喜びますよね。
始めは、くもんの物を買ったんですが、私はシンプルでわかりやすくいいかな~と思ったら、
子どもには不人気でした 笑
やっぱり好みがあるみたいで、この写真の物は色もポップで喜びます。
やっぱり女の子だなぁ~っていう色や絵柄を選びますね。大人が向き合ってするよりも、お姉ちゃんのをマネして、自分の好きにする方がきっと子どもにはいいんだろうなぁ~って思います。

No title

注意点の4か条、どれも肝に銘じておきたいものばかりです。
大人が思うように子供は進まないし、やりたいときにやりたいものを、でいいんですよね。
そう思うと気が楽になってきます。
子供は敏感ですから、親がムキになっちゃうと感じとりますからね。。
プロフィール

ikko

Author:ikko
大阪在中の三十路ママ。
作業療法士時代の経験を生かして、現在は育児に奮闘中。

子育てコーチングを学び実践しています。
長女の通う幼稚園で、
ママさんコーラス部と
ハンドメイドサークル、
yogaサークル、
ソフトバレーボール部に入部して忙しい毎日を送っています♪

娘 長女モモ(2008年9月生)
現在、幼稚園の年中さん。
好きな遊びはお姫様ごっことお母さんごっこ。
現在は泥団子作りに夢中。
想像力豊かで愛嬌たっぷりな女の子。

娘 次女ナナ(2013年1月生)
おっぱいと抱っこが大好きな産まれたばかりの新生児。

モモパパ
お仕事は学習塾経営。
娘にはアマいお気楽パパ。
趣味はゴルフ

愛犬
チョッパー9歳 ビビりのオカマ犬
ニコ5歳 負け知らずのわんぱく娘

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます!

姉妹ブログ
http://ikkochopper.blog90.fc2.com/
犬ブログとモモの成長記録です。

最新記事
おすすめ本
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ikkoのネットショッピング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。