スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの話に耳を傾ける

2011-02-28

いつも勉強させていただいている『虹色教室通信』の記事でこんな記事がありました。
創造的で生産的な何かを生み出す会話って?

一部を抜粋させていただきますね。

『親から子へ 幸せの贈りもの』 E.アンダーソン他 玉川大学出版部
の中で、自尊感情を伸ばす5つの原則のひとつめは次のようなものです。

「子どもたちの考えていることや感じていることに耳を傾け、認める努力をしましょう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもたちが一番望んでいることの一つは、
大人が自分たちのいうことをよく聞き、自分たちを理解してくれることです。

自分たちには価値があり、
人生のなかで貢献できることがあると子どもたちが感じるためには、
親や世話をする大人たちが彼らの話を聞き、その考え方を認めることです。
子どもたちが受け入れられていると本当に感じると、
より早く大人としての行動がとれるようになります。

しかし 私たちは親として子どもたちに対して、彼らの話を聞いたり、理解したりするより、とかく指導し、忠告し、評価しがちです。

私たちは最善のことをしてほしいという期待を子供たちに伝えることが、子どもたちが私たちに話すことよりはるかに大切だと信じています。

それどころか、元気で活発な子どもたちが社会に受け入れられることを第一に考えるがゆえに、私たちが好まないことは正す必要があると信じ込んでいる人がいるのです。

そして、子どもたちにどのように考えるべきなのか、
どのように感じるべきなのか教えようとします。
もし子どもたち自身が気にしていることと、
私たちが子どもたちの気持ちはこうあるべきだと考えることが一致しない場合、
私たちはそのことを彼らにいってしまうことがあります。

そして子どもたちに自分は正しく考えたり感じたりしていないという印象、
すなわち自分はあるべき姿ではないという印象を
成長の早い時期に与えてしまいます。

(『親から子へ 幸せの贈りもの』より) 


すごくすごくすご~く考えさせられた内容でした。
親子で会話を楽しむ為に、心に止めておかないといけないなぁ~と。

自分の小さい頃を振り返ると…
うちの家庭はみんなおしゃべりで、
自分の話を聞いてもらうために、
ドンドン声が大きくなり、
人の話なんて誰も聞いちゃいない
って感じだったなぁ。
今も変わりなく…
これでは、生産的な会話とはほど遠い会話です。

おまけに、父と母の会話は喧嘩してるのか、
ただの会話か、きっと他人には判断できないくらいに激しいのです。
親子で会話を楽しむ以前の問題ですよね。

日頃から、モモの話にしっかり耳を傾ける姿勢を大事にしたいと、
心から思いました。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

ikko

Author:ikko
大阪在中の三十路ママ。
作業療法士時代の経験を生かして、現在は育児に奮闘中。

子育てコーチングを学び実践しています。
長女の通う幼稚園で、
ママさんコーラス部と
ハンドメイドサークル、
yogaサークル、
ソフトバレーボール部に入部して忙しい毎日を送っています♪

娘 長女モモ(2008年9月生)
現在、幼稚園の年中さん。
好きな遊びはお姫様ごっことお母さんごっこ。
現在は泥団子作りに夢中。
想像力豊かで愛嬌たっぷりな女の子。

娘 次女ナナ(2013年1月生)
おっぱいと抱っこが大好きな産まれたばかりの新生児。

モモパパ
お仕事は学習塾経営。
娘にはアマいお気楽パパ。
趣味はゴルフ

愛犬
チョッパー9歳 ビビりのオカマ犬
ニコ5歳 負け知らずのわんぱく娘

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます!

姉妹ブログ
http://ikkochopper.blog90.fc2.com/
犬ブログとモモの成長記録です。

最新記事
おすすめ本
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ikkoのネットショッピング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。