スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタイナー教育に学ぶ

2011-07-19

シュタイナー教育関係の記事続いてますね~。
最近読んでいるのは、コレ
『4つの気質と個性のしくみ』



なかなかおもしろいです。
ユングの性格気質とどう違うのかな~。
まだまだ、わかりません(^^ゞ
とっても、奥深いのです。
どちらにしても、性格気質を学ぶことは、
個性を知る手掛かりになるものだな~と思っています。

シュタイナーもモンテッソーリも。
子どもの幼児教育の基本は、
子どもの発達を理解し、
その発達する力を摘んでしまわぬように注意し、
子どもが発達する個々の力を信じて、
環境を整えるという観点であることが、
私はとても共感できるところなのです。

こどもの発達について、学べば学ぶほど、
幼児期に『詰めこみ・教え込み教育』をする
『七田式』や『公文式』が浅い学習に思えてしまうのも事実。

シュタイナーやモンテッソーリの教育がすべて正しいとは、
思っていませんが、やはり『共感』できるところは、
しっかり取り入れていきたいと思います。

☆生活リズムを整える
何よりの基盤は『安定した生活』で『精神の安定』につながるということ。
これは、過去記事『暮らしにリズムを生みだす』を参照してください。

☆想像的なあそびを重要視する
こどもの遊びがどのように発達し、ごっこ遊びで子どもは何を学んでいるのか。
『赤ちゃんからのシュタイナー教育』の本では、とてもわかりやすく書かれています。
過去記事では『子どもの性格タイプと遊び』が参考になります。

☆テレビを見ない
これは、我が家でもずっと心がけていること。
うちは、モモが起きてる時間はテレビの電源はオフです。
週1回日曜の朝の『プリキュア』と
週1~2回『しまじろうのDVD』を30分見る程度。
テレビッ子だったパパも最近では、
『静かな夜は、色んな音が聞こえて気持ちいいな~』なんて言ってます。

テレビ番組やゲームをすべて批判するわけではありませんが、
10歳までは、親がきちんと管理する必要があると思っています。

これも過去記事『テレビの時間を絵本にかえて』を参照してください。

☆芸術能力を育てる
決して、芸術家になるためではなく、自己表現としても芸術。
美しい環境と整えること、色を体験することは、
感受性を高めることにつながると思います。

2011 07 12 にじり絵 tibi03

モモは『にじみ絵』を体験してみました。
こういった感受性を高める経験は親子で一緒に楽しめたらいいな~と思います。

☆お話をする
シュタイナーは絵本よりも、お話をしてあげることの方が大切だと言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもは、毎日の出来事が冒険であり、
それを模倣を通して何度も生き直すことが大好きです。
だから、子どもが経験したことを、
簡単な言葉で語ることが大切なのです。
また、こどもは自分自身の物語、とくに赤ちゃんだったときのお話を聞くのも好きです。
自分がしたこと、言ったことを聞きたがったりします。
(赤ちゃんからのシュタイナー教育より引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モモにも、時々寝る時に『お話』をするととても喜びます。
見るという視覚的なものがないので、
想像して、イメージを膨らませているようです。

また、過去記事『親力をアップする絵本つくり』でも紹介しました。
子どもが経験したことの絵本を作ったり、
その絵本を読んだり。
毎日続けられるといいですね。


改めて、整理して書いて見ると、
特別目新しいことでもなかったようです。
シュタイナーの世界にどっぷりハマる事はできませんが、
おうちでできる範囲のシュタイナーの子育てを楽しんでいきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

シュタイナーに学ぶ☆にじみ絵

2011-07-15

シュタイナー教育の本を読みあさっているikkoです。
『赤ちゃんからのシュタイナー教育』に続いて、
『おうちでできるシュタイナーの子育て』
『シュタイナーの子育て』の2冊を古本で購入。
写真がいっぱいで、とても読みやすいです。

作業療法士の時に、よく使っていた
みつろう粘土やみつろうクレヨンが載っていて、
懐かしいな~と。

今日は、シュタイナーの代表的な芸術あそび
『にじみ絵』に挑戦してみました。
実は、昨日も挑戦したのですが、
ちょっと失敗続きで…(^^ゞ
(モモは十分楽しんでいた模様ですが)

反省点を生かして、『にじり絵』に再チャレンジです!

用意するもの
☆画用紙 角を丸く切ったもの。
少し小さめぐらいで十分
昨日は、100均のものを使用したら、表面がボロボロになりました。
しっかりした画用紙、またはスケッチブックを使用するほうがいいです。

☆平筆(3本)
これも、100均で購入
しかし、毛が抜けて画用紙にひっついてしまうので、
今度は、画材屋さんで購入しようと思います。

☆水彩絵の具
赤と青と黄色の3原色
瓶にいれて、水で溶かしておきます。
これも、昨日は水の量が多くて、画用紙が乾くと色が見えなくなってしまいました。
濃い目がいいです。

☆お盆
お盆に水を溜めて、あらかじめ画用紙を水で浸しておきます。
(5分ぐらい)

☆スポンジ
余分の水を画用紙から拭き取ります。

☆水を入れる瓶とぞうきん
筆を洗います。

5分ほど水に浸した画用紙の余分な水分をスポンジで取ってから、
『にじみ絵』スタート!!

2011 07 12 にじり絵 tibi02

なぜか、筆を加えてるモモ(^^ゞ

2011 07 12 にじり絵 tibi01

2色ずつを選んで使うようにしました。

2011 07 12 にじり絵 tibi03

色がブワ~と広がったり、
混ざりあったりする様子を見るのはとても面白いです。
モモもかなり集中して取り組んでいました。

机に並ぶ3枚が作品たち。
最後の一枚は、3色を使って色を混ぜ合わせて遊んでいます。

暑い日の昼下がりに、
家の中でまったり『にじみ絵』遊びもいいものです。

乾いた作品は、写真の額に入れて飾ろうかな~と思っています。
いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



シュタイナーに学ぶ☆暮らしにリズムを生みだす

2011-07-05

最近、シュタイナー教育の本を何冊か読んでいます。
『親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育』
『7歳までは夢の中』
『おうちでできるシュタイナーの子育て』の本を読んで、
自分なりにいいな~と思い、
生活に取り入れようと思うことを書きとめておこうと思います。

親向けの教育本なので、読みやすい本なのだと思いますが、
それでも、私には読みずらい章や理解しがたいところがあったので、
実際には、結構飛ばし読みしちゃってます。
読んでから、虹色教室の『』を読むと、
少しは、シュタイナーの世界をイメージできたのかな~と、思ったり。
シュタイナーの世界はなかなか興味深いけど、
理解が難しいな~と余計にわからなくなった感じもします。

シュタイナー教育の本を読んで、特に興味深かったのは、
こどもの創造的なあそびについての考え方です。
これについては、もう少し自分なりに勉強してから書こうと思います。

まず実践してみよう!と思ったのは、
『暮らしのリズム』を意識して整えるということ。
特に、3歳までの子どもには、安定した環境が必要です。
子どもを安心させて、穏やかに過ごすことが
心と体を育てるには一番大事なことかな~と、
初心に戻った感じですね。

一日の生活リズムを見直してみました。

朝7時起床(最近は6時ぐらいの日が多いです)
我が家では、モモが目覚ましです。
遮光カーテンをせず、明るくなったら起きます。

朝ごはん後は、家事は取り合えず後回しにして、
まず、出かける準備!
モモが機嫌よく遊んでいるときは、サッサと準備が完了。
でも、抱っこして~これして~あれして~と要求が多い時は、
出かける支度をするだけで時間がかかりますね~

9時半頃には家を出発
幼稚園や公園
お友達のお家へ行ったり。
午前中の10時から12時はモモの遊びに付き合うことにしてます。
そう決めてしまうと、家事が気にならないので
スッキリします!

この日は幼稚園へ行きました♪
公園は暑いけど、幼稚園は木が多いので涼しいのです。

2011 06 28 長池川あそび tibi01

帰りはスーパーや商店街に寄って買い出し。

お昼ご飯を食べてから、約1時間は機嫌よく一人遊びをすることが多いモモ
その間に、一気に家事をします!
朝ごはんと昼ごはんの片付け!
夕飯の下準備!
掃除と洗濯!

で、そろそろ空想の世界から戻ってきたモモ
『ママ~抱っこして~』などなど甘えきます。
以前はここで昼寝だったけど、最近は昼寝をしなくなり、
でも、私は疲れてるし~で一番イライラしちゃう時間でした。
この時間をゴロゴロする時間にしました 笑
電気も消して、ソファの上で抱っこしたりしながらふたりでゴロゴロ
すると我が家では、犬もひっついてくるのでちょっと暑いです(^^ゞ
実際には、私だけうたた寝~ってことが多いです。
なかなか、ゆっくり寝かせてくれませんが…
昨日は、『暑い!』と思って目覚めると、
昼寝をしている私に、モモが毛布をかぶせてくれていました 笑


シュタイナーの本でも、『動』と『静』の時間を作ることについて書かれていたので、
この昼下がりの時間を『静』の時間にすることにしました。

1時間ぐらいゴロゴロしたら、
がんばって起き上がる!
これが結構辛かったりするので、起き上がれない時に頼るのは
栄養ドリンクです 笑

3時から5時まではまた、モモの遊びに付き合う時間。
この日は、

2011 06 28 長池川遊び4 tibi01

お庭で水遊びです。
図書館へ行ったり、
水曜日はアート教室へ行ったり、
商店街を散歩がてら、買い物に行ったり、
涼しい日は公園へ行ったりします。

そして、
5時にお風呂
6時に夕飯
7時に就寝です。

モモが寝たら、私の時間♪
パソコンをしたり、
本を読んだり、
録画したドラマを見たり、
生活リズムが安定すると、なんだか心も安定するな~と実感しています。

暮らしに『動』と『静』の時間を取り入れること。
暮らしに一定のリズムをつくることを実践して一週間です。

2歳~3歳のこの時期って、昼寝をしたり、しなかったりで
寝る時間が変わって、
それによって、大きく生活リズムが変わってしまいます。
それって、結構母親にはストレスになります。
モモは、ちょうど、昼寝もなくなり、夜10時間はぐっすり寝てくれるようになって
生活リズムも作りやすい時期だったのかもしれません。
生活リズムを決めたからといって、絶対に5時にお風呂に入らないと~!と
そこに縛られないようにはしています。
それでは、余計にイライラしちゃうので…。
続けていくことで、子どもが帰ったらお風呂だな~と予測出来て、
生活に見通しが立つようにしてあげることが目的です。

以前は、夕方のお風呂とご飯に時間に、モモが眠気でグズグズになり、
何だか私もイライラさせられてしまうことが多く、
ご飯を食べながら、寝ちゃうことも多かったのですが、
ここ2~3日、昼間の『静』の時間を意識して取り入れることで、
7時まで起きていられるようになり、夕方のグズグズがマシになりました。
これは、いい変化ですね!

モモは、あまりこだわりやかんしゃくが強い方ではないですが、
こだわり(物への執着が強い子)が強かったり、
出かけるのがイヤ!
帰るのもイヤ!と動くことに抵抗が強い子には、
生活リズムを安定させてあげることが効果的かもしれないな~と感じました。
モンテッソーリの言う『秩序の敏感期』にも当てはまるのだろうから、
生活に秩序は必要なのでしょう。

『寝る』『食べる』『遊ぶ』この3つをリズムを持って、
安定させてあげることは、幼児と暮らす基本だな~と
改めて考えさせてくれた本でした。

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村








プロフィール

ikko

Author:ikko
大阪在中の三十路ママ。
作業療法士時代の経験を生かして、現在は育児に奮闘中。

子育てコーチングを学び実践しています。
長女の通う幼稚園で、
ママさんコーラス部と
ハンドメイドサークル、
yogaサークル、
ソフトバレーボール部に入部して忙しい毎日を送っています♪

娘 長女モモ(2008年9月生)
現在、幼稚園の年中さん。
好きな遊びはお姫様ごっことお母さんごっこ。
現在は泥団子作りに夢中。
想像力豊かで愛嬌たっぷりな女の子。

娘 次女ナナ(2013年1月生)
おっぱいと抱っこが大好きな産まれたばかりの新生児。

モモパパ
お仕事は学習塾経営。
娘にはアマいお気楽パパ。
趣味はゴルフ

愛犬
チョッパー9歳 ビビりのオカマ犬
ニコ5歳 負け知らずのわんぱく娘

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます!

姉妹ブログ
http://ikkochopper.blog90.fc2.com/
犬ブログとモモの成長記録です。

最新記事
おすすめ本
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ikkoのネットショッピング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。